カニの甲羅まで食べる男のカニサイト【毛蟹編】
毛蟹のことがわかるサイト

カニのトップ
カニ


毛蟹の話


みんな静かになって黙々と食べる毛蟹。

毛蟹は、身の美味しさ、蟹味噌(カニミソ)の両方を楽しめるカニです。

毛蟹は何人前、毛蟹の産地、毛蟹のおすすめサイズ、毛蟹の特徴、密漁の毛蟹などいろいろ書いてます。

あくまで私だけの考え、私流の毛蟹のページです。
水槽の毛蟹 かにの甲羅盛り ゆで毛蟹






カニ 何人前

あくまで私流、何人前?カニのサイズの話

カニを買う時に食べる人数を考えて注文しますね。

よく聞かれるのは、「何人前ですか?」

毛蟹は、一人で1尾、もしくは、二人で1尾が理想です。


毛蟹は、一尾そのままひとりで食べるか、簡単に真ん中から、きれいに半分にできるので2人で一尾と考えると良いでしょう。もちろん、1尾を3人で食べても楽しいです。

■毛蟹の場合(堅カニ・茹で上げた重さ)あくまで目安です。

毛蟹 2人前
ゆで毛蟹700g

毛蟹
活毛蟹1.0キロ、760g、450g


ゆでた毛蟹350gから500gなら一人で1尾食べることができますが、600gを超えると一人で食べるには、大きすぎます。
1尾を二人で食べるなら450g以上はあった方がいいと思います。3人で食べるなら、大きな1尾より、小さくても2尾あった方が楽しめます。

サイズ 重さ 何人前 コメント
小サイズ 350g  1人前 多少食べずらいが、カニミソも楽しめる。
中小サイズ 400g  1から2人前 ひとりで食べたら腹8分位のサイズ。
中サイズ 450g  1から2人前 カニの身、カニミソのバランスも良い。
中大サイズ 500g 1から3人前 カニの身、カニミソのバランスも良い。
大サイズ 600g  2から3人前 ひとりで食べたら多すぎるサイズ。見た目も立派です。
特大サイズ 700g〜 3人前 私は、このサイズを買うなら、350gを二尾買う。見た目も立派です。
特特大サイズ 1キロ 3から4人前 毛蟹の最大級。サプライズサイズ。

その時の現物カニによるのですが、カニ味噌を期待するなら600g以下にした方が無難。600g以上でカニミソがあればかなりいいカニです。カニ通は、あまり大きなサイズは、買わないケースが多い。 カニミソに関しては、目安としてください。





カニのサイズ

私の経験から、カニの推奨サイズ

ゆでた毛蟹のサイズは、350gから1キロくらいと思うと良いです。

適当に分類すると小350g、中小400g、中450g、大500g、特大600g、特々大700g、超特大1キロ以上。


予算があれば、私なら500g台のカニを買います。見た目の大きさもばっちり、カニミソと味のバランスも良い。
贈り物としてカッコもつく十分なサイズ。

予算がなければ 400g台でも身の味とカニミソのバランスが良いのでおすすめ。

活毛蟹4人前


最小の350gのゆで毛蟹、カニ通は、結構、小さなサイズを好む人も多い。またカニミソは、甲羅の体積の比率から言えば、小さいカニの方がカニミソは多いです(比率)。

あくまで好みですが、私は、700g以上の毛蟹は、ほぼ買わない。

700g以上、1尾を買うなら350gを2尾買います。

700gを超えると「老蟹」が混じる可能性が出てくること、カニミソにリスクが出てくることの2点で私はパスしてます。

1キロサイズのカニは、毛蟹の「サプライズサイズ」ですごさもある。だけど、サプライズならタラバガニを買った方がいいと思う。











カニの鮮度

活きたカニを「活ガニ」と言い、活きた毛蟹を「活毛蟹」と言います。
カニの鮮度で大切なことは、「カニが獲れてからの時間」、「ゆでてからの時間」、「冷凍・冷蔵の保存方法」の3つです。
鮮度のよい毛蟹
【活毛蟹】獲れた毛蟹は、セリにかけられてカニ問屋に運ばれます。
カニ籠や発砲スチロールの箱にカニを詰めて海水をぬらした新聞紙や濡れた布等をかけて運ばれてきます。
毛蟹の水槽
【活毛蟹】ゆでたての毛蟹をお客様に発送するカニ屋は、水槽にカニをストックして、注文があるとゆでて冷蔵で発送します。これを「朝ゆで」と言います。対して、水揚げされた毛蟹をその産地ですぐにゆでるのを「浜ゆで」と言います。浜ゆでは、ほとんど急速冷凍されます。



泳ぐ毛蟹 毛蟹の鮮度
ゆで毛蟹の賞味期限
カニって泳ぐんです。かなり元気のいい毛蟹。 元気がいいから鮮度が良いってことじゃないです。 カニの甲羅を持った時、足がだらんとしたら、もう死んでしまう可能性が高い。 獲れたての毛蟹が死んでしまったけど、すぐにゆでたのであれば、問題ありません。
朝ゆでの冷蔵タイプの毛蟹の賞味期限は、ゆでてから5,6日以内。浜ゆで急速冷凍タイプは、解凍した当日か、翌日。








毛蟹の身の詰まり

私が札幌のカニ問屋で働いていた時、毎日、水揚げされたばかりのカニがトラックで運ばれてきました。

カニの身入りは、日によって違うし、同じく入荷したのに違いもします。ビシビシに身の詰まったカニもあれば、半分くらいしか身が詰まっていないカニもありました。カニって、すべてが身が詰まっている訳じゃないんです。

毛蟹のスカスカ
身の詰まっていないカニ。身が詰まっていないことを理解して買えば、問題ないと思います。
毛蟹の堅蟹
【堅蟹(かたがに)】身の詰まりが100%のカニを堅蟹と言います。
カニのランク



若いカニで成長途中のカニで身の詰まってないカニを「若蟹」と言います。その中でも身のつまりが80%以上(規定はない)を「上若蟹」と言います。 身が詰まってなくても、肉質は若くやわらかく、ジューシーなので、ゆでたては、とても美味いです。ただし、肉質と殻の間にすき間があるので、時間が経つとうまみである水分が蒸発してパサパサになります。

私は、身の詰まりがビシビシ100%のカニより、若干、ゆるい上若蟹の方が、好きだったりします。カニの味で微妙な差がわかってくると堅蟹より、上若や若が好きになる人も多いです。




毛蟹の脱皮
カニは、脱皮を繰り返して大きくなります。脱皮したてのカニは、身がほとんど入っていません。日数をかけて、エサをいっぱい食べて、身の詰まりが良くなっていきます。

写真は、毛蟹とその脱皮した際の抜け殻。
毛蟹の身のチェック
【身の詰まりのチェック】ゆでたカニの足を軽くつまんでみます。初心者でも、殻の中の身の詰まり具合がわかります。

写真のカニは、見た目から「若蟹」なので、どのくらの身入りかチェックしてます。









毛蟹の料理

カニ天ぷら
カニ刺身
カニ甲羅焼き
ふわふわのカニ天ぷら
カニって天ぷらにすると味がグッと増します。ゆでて日にちの経ったタラバを天ぷらにすると味が復活します。
味の濃厚なカニのお刺身
甘くてツルツル、やさしいお醤油で食べると美味しい。
カニミソと身をほぐして甲羅焼
これは、絶品。初心者でも簡単にできます。甲羅にカニミソと身をほぐして、絡めて焼きます。

かに汁
毛蟹のゆで
カニ汁
カニ汁
函館朝市のどんぶり横丁の毛蟹汁。毛蟹が半身も入っている。
ゆで
カニ本来の味を楽しむなら、やはり「ゆで」に限ります。
鉄砲汁
カニのお味噌汁。 澄んだ上品な味わいにした方が美味しい。

 



カニミソ

蟹味噌(かにみそ)は、産地によって色や味も違います。北海道の北や東に行けば行くほど、黄色になります。函館の近くの噴火湾は、黄土色のケースが多いです。また、蟹味噌のあるなしは、身の詰まっていることが前提といってもいいでしょう。

カニミソを期待で毛蟹を買うなら、ゆで350gから600gの間を推奨します。

カニミソ
毛蟹のカニミソは、本体と甲羅の中にあります。
かにみそ
これだけ入っていれば十分。蟹味噌は甲羅の上部に固まっています。 色もいい感じ。えりも岬付近の毛蟹。



黒いカニミソ
蟹味噌が固まらなかったケース。
味も色もイマイチ。
グレーなかにみそ
蟹味噌の色が肌色の蟹味噌。
味はイマイチ。
カニミソのクレーム
蟹味噌が入ってなかったケース。
身の詰まりも良くない。

 

かに味噌
道東や北海道沖のオホーツク海の毛蟹は、
蟹味噌も黄色できれい。
但し、オホーツク海でもロシアの毛蟹は、
蟹味噌が入ってないことで有名。
蟹みそ
カニミソが固まっていませんが、
かなり美味しかったカニミソ。
えりも岬から釧路の間で獲れた毛蟹のカニミソ。

カニミソ
毛蟹の甲羅をあけるとこんな感じです。
実際は、甲羅全体に広がっていることは、ほぼありません。
カニミソ
左の写真のカニミソを広げると
これだけの量のカニミソが入ってます。

=== 蟹味噌(かにみそ)が、入ってないとクレーム??===

カニミソが入ってない。お店次第ですが、返品や返金は難しいと思います。ネット通販の場合は、お店としてクレームが一番面倒なんで、問題がなくても最初から訳ありとして売っているケースも良く見ます。

カニミソのクレームは、カニ漁の漁模様にも寄るし、カニミソは、アタリ、ハズレがあるので微妙なところです。


漁場が一緒だとだいたい同じようなカニミソが入っているので、カニをゆでる際に1尾、サンプルで甲羅をあけて見ると、プロフェッショナルな職人じゃなくても、だいたいどんなカニミソが入っているかは、判断できます。

毛蟹の蟹味噌


ゆで毛蟹


どんなカニもゆでると目減りします。目減りとは、ゆでると目方が減ることです。

たとえば、 活きた500gの毛蟹をゆでると、ゆであがりは450gくらいになってしまいます。約1,2割、重さが減ります。タラバガニで言えば、2キロのカニでも、ゆで上がりは、1.4キロくらいになって3割前後減ってしまいます。
活きたカニを買ってゆでてもらうと目方が減ると思ってください。


毛蟹は、鍋に入るのでご自宅でもゆでることができます。また、生命力も他のカニに比べて強いので「自分でゆでる」ことにチャレンジしてもいいかもしれません。ゆでたてのカニを食べることができます。









密漁のカニ

メガニとは、「毛蟹のメス」のことです。内子と呼ばれる卵が、とっても美味なんです。
北海道の漁業は、資源を守る漁業なので「毛蟹のメス」を獲っては、いけない。獲っても、売っても、逮捕されるはずです。

毛蟹のメス
毛蟹のオスメス比較
毛蟹のメス。 メスのサイズは、400g以下がほとんどです。
大きなサイズはない。
毛蟹のオス。
正規に売られているのは、すべてオスの毛蟹です。

毛蟹の卵
子持ち毛蟹、甲羅の中のオレンジの部分が、内子と呼ばれる卵で大変美味です。タラバガニの内子よりも濃厚な味わいです。

最近は、ほとんど見かけませんが、たまに売られている現場を見ることがありました。値段は、1500円前後でくらいで、いつもかなり安かったです。

獲っても、売っても、捕まるので、もしかしたら、メガニとわかっていて買ったら、これも捕まるかもしれません。

念の為、メガニの写真を撮ったカニ屋さんは、今はもうない。









カニのウソ

この2つの話は書いたらまずいかな〜と迷った。(もう、ひとつの話は削除、「〇蟹」の話。)

テレビで「フジツボのついた毛蟹は、とても美味しい!おすすめ!」なんて番組がありました。
毛蟹でも、タラバガニでも、フジツボの付いたカニは、できるならパスです。 理由は、書かない(笑)

カニ自体の味には、問題ないので、
フジツボがついたカニが届いたら、たまたまそんなカニにあたったとしてあきらめてください(笑) 多少、ついているくらいなら問題ないですから。

どうして、パスなのかは、フジツボをつけたまま食べてみるとわかります。
カニの問屋さんが、毛蟹を仕入れた際、漁場が同じなので、同じ日にカニ問屋さんに届いた毛蟹にフジツボがついている時は、ほぼ全部のカニについていることが多いです。カニ屋さんに悪意はないです。

【藤壺・フジツボの回避方法】

フジツボは、硬いもので削ると獲れます。 甲羅についているフジツボは取る必要ないです。

足についたフジツボだけを取るとよいでしょう。 そして、しっかり水で落とすこと。
フジツボの毛蟹


記載を削除した「〇蟹」の話もちゃんと回避方法があるのですが、やっぱり書けないかとW


「激ウマ」のカニが、きれい理由。

カニがきれいなのは、水揚げされてすぐにゆでた証拠なんです。カニが水槽に長くいるとカニ同士のトゲで傷がついたり、水槽の床でスレたりして、そんなカニをゆでると黒かったり汚れた感じがしたりします。



カニの甲羅まで食べる男のカニサイト

毛蟹は、「だれか、殻を剥いてくれる人がいれば食べる 」なんて聞きます。

毛蟹は、美味しいけど、慣れていないとちょっと面倒かもしれません。

でも、毛蟹は、2,3分もあれば、簡単に誰でも、すべてさばけちゃいます。

そのうち、公開したいと思います。




へじめてカニを買う


身の詰まっていないカニ
カニのおすすめ店



北海道おカニ漁
カニのプロ
カニの甲羅まで食べる男のサイト




カニの甲羅まで食べる男のカニサイト